Xステーツ(X意識状態)とは何か


Xステーツとは、

当スペースの独自の用語、造語ですが、

これは、或る略称でもあります。

 

「X意識状態  X states of consciousness」

というのが、

本来の用語です。

「意識のX状態」という意味です。

※当スペースで、この状態を、

焦点化する意味合いは、コチラをご覧ください。

→「Xステーツ・テクノロジーについて

 

この意識のX状態というのは、

特に、新しい意識状態を、

定義したものではありません。

 

それは、

変性意識状態(ASC)の一部ですが、

その肯定的・創造的状態が、

組織化された習熟(スキル)の中で、

働いている意識状態を指して、

使われている言葉です。

 

一般に勘違いされがちですが、

変性意識状態(ASC)それ自体は、

良いものでも、悪いものでもありません。

見方によれば、

悪いことも、多いかもしれません。

それを意図的にコントロールすることが、

難しいからです。

そのため、

普段から、人は、

さまざまな変性意識状態(ASC)を、

偶然的に体験していますが、

それを理解することも、

創造的に利用することも出来ていないのです。

 

そのため、

単なる「変性意識状態」と呼んでしまうと、

漠然としすぎていて、

その意味や働きが定まらない、

変性意識状態の、

肯定的・創造的側面にフォーカスするために、

当スペースでは、

「X意識状態(XSC)」という領域(技能・状態)を、

特定しているのです。

 

変性意識状態(ASC)の一部を、

より能動的に活用している(意識)状態を、

指すため使われているのです。

 

そして、

その状態は、

フロー体験というほど、

完璧に統制的でもありませんが、

それでいながら、

日常意識と変性意識状態(ASC)の間の帯域に、

情報とエネルギーの流通が、

存在している、

〈拡張された沸騰的な意識状態〉

であるのです。

 

実際、

そのような意識状態は、

タイプも雑多ですが、

幅広く分布しているからです。

 

そして、

この状態を特定する意味は、

変性意識状態(ASC)を考える際に、

重要な点は、

日常意識と、連携的なつながりを持ててはじめて、

変性意識状態(ASC)は、

創造的な意味(価値)を持って来るためです。

 

散発的な変性意識状態(ASC)は、

多くの場合、気まぐれで、

興味深いエピソード以上の価値を持ちません。

実際的で、継続的な能力にならないのです。

サイケデリック体験を持っている人は、

世界中で大勢いるのに、

創造的なアウトプットは、

非常に少ないことを考えてみても、

それはわかると思います。

 

それに対して、

X意識状態(XSC)とは、

変性意識状態(ASC)と日常意識とが、

連携、統合され、

統御的に活かされている状態です。

 

これは、

両方の意識状態を、

数多く行き来(往還)する体験を持ち、

その往還する感覚を鍛え、

訓練的に習熟することで、

獲得できる状態でもあるのです。

 

その訓練の中で、

日常意識と変性意識とが、

情報的交流や交錯を持ち、

二者の間に、

統制された往還が、

なされている状態が、

できてくるのです。

 

筆者が別に使う、「夢見」という、

より焦点化された意識状態がありますが、

それらと近い状態ともいえます。

(拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』参照)

 

さて、

X意識状態(XSC)は、

各種の取り組みの中で、

場合によっては、

コントロールしずらい、

綱渡りのようにギリギリの、

不安定な意識状態である場合もありますが、
他にない創造性を、

発揮できる機会(チャンス)でもあるのです。

 

心理的飛躍における、

エクストリーム・スポーツ(Xスポーツ)のように、
変性意識(極限意識)から日常意識の間を、
ギリギリに波乗りしている状態ともいえます。

溺れることなく、

その大きな波を泳いでいたり、

波に乗っている状態といえます。

たぐい稀な、

肯定的なエクスタシィ(意識拡張)や、
創造的奔流の機会を、
持っている状態なのです。

 

当スペースでは、

そのような、

拡張された意識状態・心身状態を

クライアントの方につかんでいってもらうことで、

願望の具現化・達成、

アウトプットのための、

大きなツール(スキル)にしてもらっています。

 

それは、私たちの人生を、

より拡がりある次元に進める、

飛翔の技法 Art of Flight

となっていくのです。

 

 

※気づきや夢見、変性意識状態(ASC)自体についての、
より総合的な方法論については、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、
『砂絵 現代的エクスタシィの技法』
をご覧下さい。