夢見の技法 コルトレーンとヘンドリックス



まったく別のところで、
似たようなエピソードに行き当たると、
その背後にある、
普遍的な共通原理について、
思いを馳せることとなります。
 
伝記的なドキュメンタリー映画を見ていて、
直接的には、関係のない2人に共通している。
あるエピソードに気づいて、
興味深く感じた記憶があります。
 
「彼が、会場に着く(いる)とすぐわかるんだ。
音(演奏)が聞こえたからね」
と、友人たちが語る挿話です。
 
その2人とは、
ジミ・ヘンドリックスと、
ジョン・コルトレーンです。
 
彼らは、片時も、
ライブ会場の控え室でも、
演奏をやめなかったのです。
 
コルトレーンについては、
ライブの前に、すでにライブ1本分くらい、
吹いてしまうという、
エピソードもありました。
 
同時代(60年代)を生きた、
彼らは、ともに、黒人であり、
霊感に満ちた即興演奏を旨とし、
その卓越した創造力で、
それぞれのジャンル(ロック、ジャズ)の、
変革者となった人物です。
 
彼らは、なぜ、片時も、
演奏をやめなかったのか。
 
拙著の中では、
「夢見の技法」と題して、
私たちの人生を貫く、
夢の力とその扱い方について、
取り上げています。
 
2人はなぜ、
演奏をやめなかったのか。
 
筆者は、それを、
演奏を通す中で、
彼らを貫いていく、
電流のような夢の力のせいだと、
考えています。
 
演奏を通す中で、
メッセージのように、
現れてくる、
〈何か〉をつかみ、
具現化し、完了するために、
演奏(創造)するしかなかったのです。
 
彼らが、ともに燃え尽きた者の、
印象を与えるのは、
彼らを、内側から焼いた、
高圧電流のような、

強烈な夢の力(熱)を、
私たちも感じるからです。
 
芸術において、
ある内的な意味の単位とは、
自律的な生命をもって現れ、
完了されていきます。
 
演奏なりも、
音楽の自律的生命の、
この十全な発現をもって、
意味のまとまりとして、
完了されます。
 
その内的なプロセスは、
ホロトロピック・ブリージングの際に見た、
「オルガスム曲線」と同様です。
 
また、ゲシュタルト療法でいえば、
現れてきた未完了な感情を、
表現し、完了するプロセスと
同様の事柄です。
 
コルトレーンや、
ヘンドリックスは、
普段から、そのような、
たえず現れてくる
強度の夢の力に、
貫かれていたのでしょう。

それを、
完了させていくためには、
演奏し、表現し、

模索し、創造するしかなかったのでしょう。
アウトサイダー・アートについて触れたところで、
それらのある種、
非人間的な無尽蔵の力について、
書きました。
 
それは、容赦ない、 
根源的なエネルギーです。
 
コルトレーンや、
ヘンドリックスは、
そのような根源的なエネルギーに、
より近く、生きていたのでしょう。
 
また、ある意味、
彼らのたえざる演奏・創造的実践が、
彼らを、その近くに生きることを、
可能にしたともいえるのでしょう。
 
彼らのエピソードは、
深い創造性と夢見の技法について
考える際に、さまざまなヒントを、
与えてくれるのです。

 

 

※夢見や気づき、変性意識状態(ASC)への
より総合的な方法論については、拙著↓
『砂絵 現代的エクスタシィの技法』
をご覧下さい。